出産育児一時金の申請

出産育児一時金の申請や手続き

退職後に加入した健康保険から支払われます

加入している健康保険が出産費用を支援してくれるのが出産育児一時金の制度です。
健康保険に加入していればだれもがもらえるお金ですが、退職する人は自分の健康保険をどうするか考える必要があります。
被扶養者としてご主人の健康保険に入るとか、国民健康保険に入るほか、現在の健康保険を任意継続するという3つの選択肢があり、それによって申請先も変わるので、速やかに変更の手続きをしんかえればなりません。
退職してから向こう1年間の年収が130万円以上の場合はご主人の健康保険に加入することはできないので注意してください。

健康保険は?
ご主人の勤務先の健康保険の被扶養者 自分の退職前の健康保険(任意継続) 国民健康保険

申請できるのは
ご主人の勤務先の健康保険また自分の退職前の健康保険 自分の退職前の健康保険 国民健康保険または自分の健康保険

手続きについて
退職後、ご主人の勤務先の健康保険の被扶養者になる人は、ご主人の健康保険から支給してもらいます。条件を満たせば退職前の健康保険に申請することもできます。 退職後も、退職前の健康保険を任意継続する場合には、申請先も退職前の健康保険になります。 ご主人の勤務先の健康保険被扶養者にならない場合やご主人が自営業の場合は国民健康保険に加入します。申請は基本的に住んでいる地域の役所です。条件を満たせば退職前の健康保険に申請することも可能です。


キーワード